はじめに

台湾語(中国語)というと「你好」と「謝謝」程度しか知らない、話せなかった私が、訪台したその日にアパートを借りて生活を始めます。もちろん工場の方の協力があってこそですが、今考えると、よくこんなに勇気があったんだなと感心してます。
そんな台湾で出会った方々に感謝しながら、思い出深い台湾の生活ぶりを執筆します。下手な文章ではございますが、お付き合いくださいませ。


目 次

  1. 台中の朝
  2. 第2章
  3. 第3章
  4. 第4章
  5. 第5章
  6. 第6章
  7. 第7章

スポンサーリンク